猫のため息 第三幕

アクセスカウンタ

zoom RSS 猫想う、飼い主想う。

<<   作成日時 : 2008/05/10 22:26   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 12

やたらと赤いカーネーションが目につくこの時期。
今年は母にどんなカタチで・・・と考えるのと同時に、
もうひとつ毎年想うことがあるのですよ。

ここ、猫ネタブログで語ってるのだからトーゼン猫に関すること・・・
そう、つまりは猫たちの母猫さんのことなのです。

この世に生を受けたってことは、うちの猫たちにも必ず母猫さんはいるわけで。

生後1週間ほどでヒトの手によって
兄弟5匹まとめて段ボール箱に入れられて遺棄放置されたFess。

生後2週間ちょっとでヒトの手によって
兄妹段ボール箱に入れられてフタまでされて雨の中、
コレまた遺棄放置されたエイリとアンズ。

どちらも生後間も無い仔猫を強制的に連れて行かれて
残された母猫さんはどんなに悲しんだことか。
今まで自分の周りでミャアミャア鳴いていた仔猫たちが
突然姿を消してしまったのだから、その哀しみは如何ほどのものなのか。
おそらく何日も何日も探して鳴いて、仔猫を呼び続けてたと思うんですよ。
捨てられた仔猫も可哀そうだけど、仔猫と引き離された母猫さんも哀しい!と。

猫は本来単独行動を好む生き物、といわれる所以は
外で暮らす猫さんは、生後数ヶ月で仔離れをするそうで・・・
でもそれは食べる事にも事欠くような厳しい環境で暮らす猫さんのことで、
例えば毎日の食事が約束されている地域猫さんや、
まして家猫さんの親子が、成猫になってからも生活を共にしているのは
それは幸せなことなのではないか?と。

画像
(画像は某猫雑誌掲載の写真を模写。)


そして縁あって、うちで暮らすことになった猫たち。

母猫さんが仔猫にカラダを張って教えるようなこと、
その全ては伝えられてないかもしれないけど・・・
猫たちが母猫に求めること、
その全てに応えてやれてないかもしれないけど・・・。

Fessの母猫さん、エイリとアンズの母猫さん、
貴女方の産んだ子たちは素晴らしく性格の良い猫です。
血のつながりの無いチビ猫兄妹を温かく大きく見守ってくれるFess、
そしてそんなFessを実の兄のように慕うエイリとアンズ。
エイリは男のコらしく、アンズは如何にも女のコ。
Fessなんていつの間にか立場が逆転しちゃって、
今では私の方が面倒を見てもらってるようなフシも・・・。^^

母猫さんの仔猫を想う愛にはとても敵わないと思うけど・・・
(猫たちに対して私が「母」だとは言いたくない理由がこの辺りにあったりなかったり)

どうか安心してくれ!

と、伝えられるものなら伝えたいなぁ…カーネーションとマタタビを添えて母猫さんに。

そんなコトを想う今日このごろ。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(12件)

内 容 ニックネーム/日時
凄く素敵な記事で
ジンときちゃいました。
血がつながってなくても
種別が違っても
想う気持ちさえあれば
立派な「母」だと思います!!
(えらそうにスミマセン・汗)
Fessさんて本当に素敵な方だなあ・・。
しゃけ
2008/05/10 23:53
熱い思い、まったくもって共感いたします。
Fessくんにエイリアンズ、うちのニャンズも
見てると、「ただのニャンコとは思えない素敵な
ハートの持ち主、どんなおとうさんおかあさんから
生まれてきたのか?」とちょくちょく思います。
できることなら、立派にたくましくて綺麗になった
息子娘たちに会ってもらいたいです。
(ニャンコは目頭が熱くなったりしないのかな)
北摂の虎
2008/05/11 10:38
≫しゃけさん、こんばんは。
いや〜お恥ずかしい…汗;
誰からも教わらなくてもスズメ、捕まえる猫に育ってヨカッタと…いや、実際に捕まえなくてもイイのですが…^o^;
彼らを想う気持ちは母猫さんにも負けませんっ!ですよね、お互いに。
でもさ…素敵な・・ってのは大きく誤解です!笑
Fess
2008/05/11 22:21
≫北摂の虎さん、こんばんは。
ですよね。ばんぱく兄さんの大きな心と、ぐりこちゃんの可愛らしさ…いったいどんなご両親から譲り受けたモノなのか…。
もしも親子の再会が叶うのならば、その様子を私たちも物陰からそっと覗いてみたいですね。んで出来れば親御さんにご挨拶なんて。^^
猫って表情には出さないけど色んな感情、豊かだと思いますヨ。^^
Fess
2008/05/11 22:21
記事を読んで、ハッとしました。
今まで、捨てられた猫の事ばかり中心に考えていた私。
「お母さんに甘えたかったろうな」「うちに来るまでは、頑張って生きてきたにかな」なんて。
よく考えたらどんな状況であれ離れ離れにされて
悲しい思いは、子供だけでなくお母さんもなんですよね。
読んでいたらジ〜んときちゃいました。
Fessさんは、ただ猫が好きって以上に暖かく大切に思ってますよね。猫じゃなくて、命を持つ者として自分たちと同じように。そんな思いがFessくんに伝わって、またFessくんからエイリくん、アンズちゃんにと伝わっていってるんですね。
素敵な家族ですね。

もう一つの思いに気づかせていただき、嬉しく思います。
ありがとう。。。
笑う猫
2008/05/12 09:08
こんばんは。
全くそのとおりですよね。
ちょうど昨日家内とも同じような話をしてたところでした。
エムちんも公園で4兄弟と一緒に
産まれてすぐビニール袋に口を結わえて放置されてましたし
あいちゃんも先輩の家近くの公園で3兄弟ダンボールで放置…
縁あってうちにき、一家楽しく(うるさい事も多いけどね)
過ごせるのは母ネコさんがいたからだよね〜
母ネコさんには感謝と同時に今もどこかで
げんきにいること想って……って。
はとむ
2008/05/12 23:39
≫笑う猫さん、こんばんは。
そんなそんな;お恥ずかしいです。汗;
私だってね、Fessを迎える時、他の兄弟と引き離して1匹だけ連れてきたんですよ。今だったら絶対5匹一緒に引き取ったのに…ってすごく後悔してるんです。
そんな猫同士の絆みたいなのを教えてくれたのはエイリとアンズ。もうすぐ4歳になろうってのに、かばい合って寄り添い合って生きてる…こんなのを見ると余計にね。^^
まさる君はきっと仔猫の頃、めいっぱい母猫さんの愛をもらってると思いますよ。だからあんなイイコ。(^o^)v
Fess
2008/05/13 00:13
≫はとむさん、こんばんは。
ナンだかね…ですよね、哀しくなりますよね。
人間以外の動物の愛は純粋なのにね。
そして人間は勝手だ!(モチロン一部のヒトですが)
素晴らしい子孫を残してくれた母猫さんに感謝!です。
エムちゃんもあいちゃんも、今は幸せに暮らしてるってこと、伝えたいですね、偉大なる母猫さんに!^-^
Fess
2008/05/13 00:14
前に寝る前に携帯から見たんですが、感動しちゃって。
我が家も、ももの親は分かりません。こう思うと、
くろと、子供達は幸せなんだナァって、思いました。
Fess君のとき、1匹だけ連れて帰ったこと後悔してるって
前に言ってましたね。でも、もし5匹つれて帰ってきて
いたらエイリ君とアンズちゃんはいないかも・・・
だから、よかったんですよ。そう思いましょう。
血がつながってなくても、同じ環境で育った3にゃんは
親子や兄妹ですもんね。強い絆で結ばれているんですよね。
momonyan
2008/05/13 11:53
≫momonyanさん、こんばんは。
感動なんてそんなそんな…汗;
ホントにね、momonmyanさんちの8兄弟とくろママはずっとずっと一緒に暮らせてて最高に幸せな親子だと思います。うん、理想。それにももさんはなんてったて大家族のボスですからね。みんな幸せダ!^-^
Fessの兄弟たちはそれぞれの家にもらわれていって、幸せに暮しているそうです。
はい!エイリとアンズに出逢えてなかったら…それはそれで困ります…^^ 
Fess
2008/05/13 21:20
母の日のこと、考えさせられました。
確かに、我が家のにゃんこも母親のこと知りません。ましてや、夏はダンボールに入って雨の日に捨てられていましたから…。明は1ヶ月で我が家に来たので、夏が母だと思っているところもあります。命あるものには、必ず親の存在がある事、それを気付かせてくれたFessさんに、感謝します<(_ _)>
改めて、お母さん!ありがとう〜ですね♪
Fessさんは本当に、絵がお上手〜〜!!
温かいタッチが、とっても素敵です(*^_^*)
chinatu
2008/05/15 09:37
≫chinatuさん、こんばんは。
夏ちゃんも段ボール猫さんでしたか…。
明ちゃんは優しい先輩が居るおうちに来れて良かったですね!
うはは、うちもFess(オス)がチビたちの母親役、やってくれてました。夏ちゃんもFessも寂しさを分かってるから新入り猫さんに優しくなれたかも…ですね。^-^
感謝なんて、そんなそんな…(汗)
絵、ご覧下さってありがとうございます!^^
Fess
2008/05/15 22:51

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文


CAST

猫想う、飼い主想う。 猫のため息 第三幕/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる